【いーすーちー りゃんうーぱー さぶろっきゅー】

こんばんは、木曜日に出勤いたしますさゆりです。

前回は失礼いたしました。
水曜日でなく、木曜日です木曜日。
本日もどうぞよろしくお願いいたします。

私が覚えたことをこちらのブログでは書いていこうと思っております。
今日は題名通り【いーすーちー りゃんうーぱー さぶろっきゅー】です。

少しずつみなさんとお話しできるようになりました。
話しかけてくださってありがとうございます。

よく「待ちなんやったん?」と聞かれたあとに、
【いーすーちー りゃんうーぱー さぶろっきゅー】の言葉が出てまいりました。

20141211211638ba5 (1)

これのことですね!よく見る手牌です。

私は今まで端ばかりを待っていました。
真ん中もそうなんですね。

少しかしこくなりました。

今日は真ん中の子達も待てるように頑張ります。
あとは先日勉強会で教えて頂いた、役牌を鳴く!もどんどん実践していきたいです。
鳴いたらリーチはできません。これもちゃんと覚えました。

今日も一日どうぞよろしくお願いいたします。

さゆり


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ノーレート麻雀Dice

・HP
http://kyotomajyandice.web.fc2.com/index.html

・ブログ
http://mjdice.blog.fc2.com

・TwwiterID
ノーレート麻雀Dice
@Dicemajyan

・電話番号
0120-566-733

・メール
m.dice@hotmail.co.jp

・住所
604-8804
京都府京都市
中京区壬生坊城町1-10
宮崎ビル4階
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

基本は面前でいって 親は連荘狙いで鳴く(バックしかけはしないあくまで面前で) 危険牌引いたら回ったり降りる あと一東風回してみて面前でうまくいかないと感じたら ついてる親から鳴いたり 一回役がといつだったり たんやおで一回鳴いててんぱいなら鳴いてあがって 
面前に持っていくということも大事ですね 。

ただ基本は面前でいって放縦しないことが大事ですね
ただ捨てパイをうまく読まないといけないので経験が大事ですが

山口さんも確かに鳴くのを重点に置いて言って来ますが防御力が少し厳しいです それは他のダイスのメンバーにも言えます 厳しいことを言いますが 雀荘100件回ってきてプロとも100人打ってきて
一日雀荘に1万円持っていって点5でしのいできた私だから言えます。

まあ又慣れてきて機会があればおしえましょう 
相手に聴牌を悟られず表情やメンタルの作り方
捨てパイ読み方 相手を読む 聴牌スピードの手作り
相手の捨てパイ仕掛け リーチ だまに対する対応
色々課題はありますが 逃げいていてはうまくはなりません

一緒に勉強していきましょう 一人前に育てて上げます

私はもっと厳しい。

というよりも、
これ等は出来て当たり前だから。

あと、私は“鳴き”を重点に置いて言っているが、
面前で行けそうなときはギリギリまで面前で行くのが好ましい。
(打点面や守備面のことも考えれば。
とはいっても、このルール[東風戦]では間に合わない事の方が多いが…)

というのも“鳴き”は面前よりも難しい。
何でもかんでも鳴けばいいものではないからである。
(鳴きすぎ病に陥らないようにするためにも)

鳴きの難点である守備や打点面は、スピードで補う。
そうしてアガリ率(速度)を上げていくのだ。

私はあくまでロジカル且つデジタル(ここ重要)に教えていくつもりなので、

同じく、一緒に勉強していきませう。

もっとも、さゆりちゃんの場合は鳴きを習う、それ以前の段階だがな…

No title

確かにグッチーの言うことはわかる だがフリー雀荘等で安定した成績を残してしっかりと勝てるようになってからアドバイスはするべきだと思う 俺はフリーでメンタルや読みや戦術面を通じ弱い自分を見つめてきた 主張することはわかる だが一回自分の弱い部分を見つめて人の意見も取り入れていくことも大事だと思います 
レートがあろうがなかろうがどこが駄目なのか反省しつつ打たないと意味がありません 一局一局相手がどこで待っているのか 
どういう完成系であがっているのか 慣れてくるとわかってきます
ただ私にも相手の引き運などで確かに不利なケースも出て負ける場合もあります 麻雀も運要素があるから 本当に麻雀強い人はノーレートだろうがレート有りだろうが勝ちきれます 又本当に強い人はリーチ 仕掛け ダマや表情 りーぱい しっかりと回しきってきます そして鳴きは確かに大事です

ただなんでもかんでも鳴きすぎるのではなく しっかりと自分が面前にもっていける流れにもっていくように考えてなくのです 

私はノーレートフリーの日に行くときは引き運だけに頼らずしっかりと考えて守備と攻撃をバランスよく考えながら最近は鳴きも取り入れて打ってます そして普通のフリー雀荘にいってもしっかりとしのいできました 彼は確かに段が高いから一見強そうには見えますが
 どうでしょう振り込みすぎのような感じもします 又 切るのが遅く 悩みすぎです そして勝負にいくのはわかりますが しっかりとここが危ないなと捨てパイや雰囲気 何色をいれたのか 相手が例えば7をいきなりきってきたら早いなとか 確かに攻撃麺はスピード重視でいいとは思いますが 本にのまれてる感じがします あらゆる戦術を取り入れすぎて迷ってるような ただ守備がちょっとまだまだかなという感じもします 厳しくいいますと 調子がいいときはなんとか引いてあがるのを見かけます ただ悪い時や守らないといけないときに振込みをしたり もうどうしようもない3着で1万点しかないときとかに2着と1着の勝負を邪魔して せっているのを邪魔しているケースもみかけます あれは場を乱しすぎです 又よく一色手に向かうのを見かけますが 牌効率を少し無視しすぎです 又相手にプレッシャーはかけれますが 相手からリーチがかかったとき弱い 
対応するほうも あれを毎回されると 相手も嫌になります
 
又対局中等に自分の意見を主張しすぎです 確かにわかります
ただ だれでも構わず言うのはやめたほうがいいかもしれません
みなそれぞれ自分の打ち方をもっているのですし 自由です 
それを拒否されると誰だってはらがたつとおもいます

山口さんを確かに尊敬しててそのうち方を学ぼうっていう方であればそれを言うのもかまいません ただそういう場ではないと思います
 そのうち方でどこでも通用するなら構いませんけれども
麻雀を本当に真剣に上手くなりたい人ばかりなら構いません
ただ ちょっと時間が空いたからカラオケやゲームセンターにいき
まあ暇つぶしという 趣味や娯楽と思ってあそんでいる方もおられますから そういう人からしたら 少し気がさしてしまうのかもしれません そういうときは接待と同じようにうまくながすというのが大人の対応だと私は思います

新規のお客様にも会社の取引先のお客様という立場で麻雀を打つのも大事だと思います 

人の意見も素直に受け入れ頑固な自分を捨て 一回柔軟性を持つのが大事だと思いますよ 例えばセットのお客様でもフリーのお客様でも様々なお客様がいます うるさい人 マナーが悪い人ただ色々なお客様を許してあげ
ここは競技する場でもマナーを重視する場でもなく遊ぶ場所なのですから
寛容な心をもって接してあげることも大事ですよ山口さん

ビリヤードや将棋等 マナーにすごく厳しい競技なら別です
ただ 麻雀なのでw

私が彼と違うのは捨て牌に対してしっかりと回っているところかもしれません 

山口さんから見て私が悪いと思った点もどんどんいってください
お互い悪いところを直していきましょう

いーね。あついねー。
2人とも仲良くね。笑
レベルの高い話ぼくにはついていけないけど、2人とも優しく教えてあげてね^_^
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
プロフィール

ノーレート麻雀Dice

Author:ノーレート麻雀Dice
京都市は中京区、
四条大宮北西に構える、
麻雀荘・Diceより、
様々な出来事を執筆いたします。

リンク
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる